「平成30年度(株)沖永開発・安全衛生大会」開催

2018年11月22日

「安全意識・安全衛生管理を高揚させ、健康管理の増進を目指す!!」

私共(株)沖永開発では11月21日(水)北中城村商工会館2階大ホールで平成30年度安全衛生大会を開催し、現場や業務の安全意識や安全管理を高揚させ、健康増進対策等、安全衛生管理の共有、充実強化について確認しました。

大会には当社の社員や協力会社、協力社員等約40人が参加、プログラムで講師の先生(建災防沖縄県支部・専務理事兼事務局長與那嶺茂良氏)から建設業の労働災害防止対策のポイントや平成30年度からスタートした沖縄県建設業「SafeーWork」運動、平成29年、30年県内における労働災害発生状況、第3次労働災害防止計画、労働安全衛生規則等について講話を頂きました。

安里邦夫社長から「民間建築工事や公共工事等の増加や景気回復で需要が増える中、人手不足の影響などから労働災害が増加する悪環境に陥っていると指摘。「法の遵守はもとより、リスクアセスメント等による安全衛生管理が求められる」との考えを示しました。その上で「安全とは一人一人が力を合わせてつくり出すもの。決められたことを守り、守らせることにより『無事故』『無災害』を達成することができる」と強調、「一人一人が絶対に事故・災害を起こさないという認識を深め、職場、工事現場、工場で安全を確保、確立し、労働災害防止対策の一層の周知徹底を図り、安全文化を構築し、継続していきたい」と決意を述べました。最後に参加者全員で安全の誓いと指差し唱和を行って安全第一で作業に取り組むよう安全意識を高めました。

20181121140427_p.jpg20181121142136_p.jpgのサムネイル画像


IMG_20181121_160656.jpg20181121160629_p.jpgのサムネイル画像

沖永開発はISO9001やISO14001取得の他、地域のボランティア活動も行っています
一緒に成長し続けられる新たな人材を求めています